新しい楽器、サクソフォンの歴史と仕組みを知ろう!

意外と新しい、サックスの歴史

サックスという楽器は、正式名称をサクソフォンといいます。1840年頃、ベルギー人のアドルフ・サックスによって発明され、その名を取って、「サクソフォン」と名付けられました。その頃日本は江戸時代の後期。時代劇でお馴染みの「遠山の金さん」が活躍していました。

さて、そんなサックスですが、当初は金属製のバス・クラリネットとして開発されました。そして1846年、フランスのパリで特許を取り、その際に「サクソフォン」という名が付けられました。

そして、その当時盛んだった軍隊音楽の中に取り入れられ、その後次第にオーケストラにも取り入れられていきました。

そしてアメリカへと渡り、1920年代に流行し始めたジャズで使用されるようになります。そして様々なミュージシャンがサックスによってジャズの世界で大活躍し、「サックス」という楽器を一躍有名にしました。

サックスの仕組みを知ろう!

驚くべきことに、サックスは誕生した時から、その姿をほとんど変えていません。それは発明された当初から、かなり完璧な設計がなされていたと言えます。そんなサックスの仕組みは、クラリネットと同じ、シングル・リード。なのでクラリネットが吹ける人ならば、サックスも吹けます。若干の違いと言えば、リードがクラリネットより少し大きいくらいです。

こんな、新しい楽器、サクソフォン。今ではジャズやロック、ポップスなどで大活躍しています。ライトを浴びて輝く金属製のボディと、独特の音色は、やはりカッコイイですね。

サックスは金属系の木管楽器で、「サクソフォーン」とも呼ばれます。ジャズや吹奏楽など、さまざまな音楽分野で用いられています。最も使われているのがルト・テナー・バリトン・ソプラノの4種です。