店員の質が重要!中古の自転車を買うためのショップ選び

整備できる人がいる中古ショップを選ぼう

ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクといった自転車はかなり嗜好性が強いといえます。そのため、かご付きの自転車のように、どこへ行くにも乗るようなものではなく、サイクリングなど特別な機会に乗る傾向が強く、大事に使われることが多いです。また、ファッションアイテムとして買った人の中には、自転車自体が合わない、あるいはまったく乗る機会がないといった理由で、買ってからすぐに手放す人も珍しくありません。そのため、かなり状態のいいものが中古市場に流れてくる可能性があるといえるでしょう。

では、ロードバイクやクロスバイクを中古のショップで買う場合、店選びの基準はどういったものになるでしょうか。一番大事なのは、整備できる人がいるかどうかという点です。

整備されていない中古自転車の危険性

前の持ち主がある程度乗った自転車の場合、見た目は綺麗でもいろいろな部分に問題が発生している可能性があります。たとえば、チェーンが伸びていたり、ブレーキの効きが甘かったりといったものです。しかし、ショップに自転車を整備できる人がいない場合、確実に現状渡しということになってしまうので、購入者が自分でメンテナンスをしなければいけません。しかし、初心者であれば、どこをいじればチェーンの緩みを直せたり、あるいはブレーキの効きを戻せるのかわからないので、結局、そのまま乗ることになってしまいます。

チェーンが伸びていると漕いでいる途中に外れてしまうことがありますし、ブレーキが甘ければ止まろうとしても止まれないので、どちらも事故につながりかねません。そのため、自転車を整備できる人がいる中古ショップで買うのは重要なことなのです。

名古屋の自転車のショップは、お洒落な自転車を多数取り揃えているので、気に入る自転車が見つかる可能性が高いといえるでしょう。