どう選べばいいのか?中古車の選定方法を知る

安く買うコツは年式にある

車を買う時に新車と中古車から選択できますよね。安く買いたい人は中古車を利用すると良いですが、各車両はお店や状態によって値段が変動しているのです。

中古を安く買うには年式に注目してみるといいでしょう。年式の古いものは酷使しているものも多く、値段が安くなっています。しかし見るべき部分はここではなくモデルチェンジに年式です。

新型が登場すれば旧型の値段は必然的に下がります。新モデルと旧モデルが同じ中古価格だった場合旧モデルが売れなくなるからです。

これを上手く利用して新モデルが販売した時に年式の古い旧モデルを購入すると安く手に入れる事ができますよ。買うタイミングですが新モデルが発表された時に旧モデルの値段が下がりやすい傾向があるので、その時を狙いましょう。

車の色でも値段は変動する

メーカーから発売している車はブラックやホワイトといったオーソドックスなカラーリングから、レッドやミントといった個性的なカラーまであります。基本的に中古車を買う時はカラーリングに注目をすると安く購入できる可能性も上がるのです。

ベーシックカラーといえるブラックやグレー、ホワイト系は派手なカラーリングよりも値段が高めとなっています。これは年齢関係なく利用できるため購入者が多いからです。

逆に派手な色をは人を選んでしまいがちなのでベーシックカラーよりも値段が安めに設定されていますよ。ボディからには特にこだわりはないと感じるのならあえて派手なカラーリングを選んでもいいでしょう。

中には50万円くらい値段が変動するモデルもあります。

ボルボの中古車は、年式や装備内容などが異なる豊富な在庫が存在するため、細かいこだわりがある場合でもスムーズに中古車探しができます。