与論島の海でスキューバダイビングを楽しむ方法

与論島はどこにある島なの?

与論島は、鹿児島県最南端の島で、奄美群島に含まれる有人の島です。
島の面積は20.8km平方メートル、島の周りはサンゴ礁に囲まれており、色鮮やかな魚達が泳ぎ回る様子をシュノーケリングなどで見る事が出来ます。
シュノーケリングはマスク、シュノーケル、足ヒレの3つを使ったマリンスポーツで、ライセンスなどを持っていなくても簡単に楽しむ事が出来ます。
水面を泳ぎながら与論島の海を観察出来る、時には水中に潜っての散歩を楽しむ事が出来るなどの魅力があります。
道具は3つの器具だけで済むので、与論島の観光を楽しむ時なども道具を持って行くのがお勧めです。

体験ダイビングならライセンス資格が要りません

与論島はダイビングのメッカでもあり、与論島の海でダイビングを行った人の多くは、透明度が高い海に憧れを抱き、毎年与論島の海でのスキューバダイビングを楽しんでいる人も少なくありません。
スキューバダイビングは水中で行うマリンスポーツで、酸素ボンベから供給する空気で呼吸を行うなどの特徴を持っています。
水中には地上にはない水圧がある、水圧による身体への影響が与えられるなどからも、特別な訓練を受ける事や知識を得るなどが必要です。
友達同士で与論島の海でのダイビングを楽しむ場合にはライセンス資格が必要になりますが、与論島の海の素晴らしさを多くの人々に知って貰う目的で、ダイビングショップの多くが体験ダイビングツアーを用意しています。
体験ダイビングツアーはダイビング経験を持たない人を対象にしているもので、ライセンス資格がない人でも与論島の海の素晴らしさを感じる事が出来ます。

与論島の旅行は、島に着いたらバスやレンタカーの利用がおすすめです。自転車のレンタルも行われています。